もんもこ通信

トイプードルのもんきちともこ、同性愛者のまこぷーとまよっちのその時々を。

同性愛者が子供を授かることについて

いいタイミングで入院したなーと思っています。

 

自分のこれからの人生についてじっくり考える機会を作れたので。

 

コミットの1つの中に、子供を授かる、ということがあります。同性愛者なので子供を授かることは無理だと思っていましたが、無理ではないと考えるようになりました。

 

でも何をしたらいいのかはわからなくて。信頼できる情報を探したりもあまりしてませんでした。

 

この入院中。出来ること思いつきました。著名人にアドバイスもらったらいいんじゃない!?

 

ツイッターでフォローさせてもらってる、増原裕子さんに、メッセージ送ってみました。そしたらすぐにリプライが!大きい人や…

 

紹介してもらった団体が主催している集まりに、参加できるときは参加しようと思います。

 

ほんで。今日の本題。

そこからいろんなページをネットサーフィンしてたんですが。

同性愛者が子供を持つことに批判的な内容が多いこと多いこと!

 

その中でももっともらしく書かれているのが、同性愛者に育てられた子供は情緒や精神に問題がある可能性が、普通の子供に比べて2倍も高い、というもの。

私、あんまり怒らないんですが、この記事には腹の虫が騒ぎまくって、おさまる気配がありません。

 

こういう社会が、精神を不安定にさせるんやろがー!

 

普通じゃないから変だ!というコンテクストの中にあっては、誰でも悩むよ!普通の人なんていないんだから!

 

リタリコが目指している、障害をなくす社会を思い出しました。

http://litalico.co.jp/vision/philosophy/

 

私って素晴らしい!と、誰もが体験できる社会を目指したいなと思います。

 

具体的に何をしたらいいんでしょうね。

やっぱり、私のことを発信していくところから。